殺菌/機器設備

滅菌

 

当医院では、お一人、お一人ハンドピースを減菌済みのものに取り換えたり、治療用の椅子を拭き上げたりします。

その時間を考慮して予約制とさせていただいています。

 

ハンドピース (滅菌設備)

この写真はりえ歯科医院で毎日使用する歯を削る道具です。

私たち専門家の間でハンドピース(タービン・コントラアングル・ストレート)と呼ばれているものです。

このハンドピースは削ると内部まで唾液や血液に汚染されてしまいます。

これらを確実に滅菌するには専用のメンテナンスの機械が必要です。

 

高温高圧滅菌

 

繰り返し高温高圧滅菌に耐えられる上質な機械・器具類を導入しています。

高温高圧滅菌器は 121℃?132℃の高圧の蒸気で処理を行う事により、 器具全体に滅菌処理が施せます。

歯科用CT

骨や歯の状態を三次元的に審査ができる機械です。

歯がなくなった所にインプラントするときや、埋まって見えない歯が顎の骨の中でどうなっているのか診査

するときに使用します。

 

 

遠心分離機

〜多血小板血漿(PRP)の外科への応用〜

  

 

血液を「遠心分離」する機械です。

※ 右:軟組織(歯ぐき)の治りを良くするPPP。左:硬組織(骨)の治りを良くするPRP。

ご自身の血液成分を必要なところだけ約6倍濃縮して、外科処置の時に使います。

ご自身の成分なので術後が腫れにくく、傷の治りが早いです。

人工骨を使用する再生療法やインプラントのとき有効です。

 

インプランター(施術)

インプラント埋入専用の器機です。

先端にライトが付いているので、口の中でも安全に作業がしやすく、正確にインプラントを埋入することが

可能です。  口腔外科用として特別に開発され安全で安心、痛みのない施術を実現します。

   

 

バリオサージ(施術)

インプラントのスペシャリストが絶賛する口腔外科用として特別に開発され安全で安心、痛みのない施術を実現します。

  

 

鼻咽腔ファイバースコープ

飲み込みがうまくいかない誤嚥が始まると、それ自体は止めにくいのですが、口腔内をきれいに保つことで

誤嚥性肺炎は防ぐことができます。 飲み込みがどうなっているのか、その方の食べ物の大きさや硬さは

合っているのかを鼻咽腔ファイバースコープで観察記録することができます。

  

 

歯科用レーザー(エルビウムヤグレーザー)

このレーザーは、水冷により熱の影響が少ないため、処置後の歯ぐきが痛くなく治りも早いです。

虫歯の処置に使うと削る量が少なく殺菌効果により再度虫歯が進行するのを抑えてくれます。

 

特徴

  • 治療のときに麻酔無しでも痛みを感じにくい
  • 熱の発生が少ないので、歯ぐきの治療に使うと処置後に痛みが出にくく、治りが速い
  • タービンのようなキーンという音がしない
  • 歯ぐきに隠れた深い所にある歯石が面白いように取れる
  • インプラント後に出来た炎症を取り除くことができる

  

YAGレーザー臨床研究会

 

オゾン水による殺菌

殺菌力が強力でMRSAなどにも有効で30分で真水になります。

傷の治りも速くなるという効果もあるので治療結果に直結します。

 

歯科用双眼ルーペ

治療を受けた歯を長持ちさせるためには、細部まで細やかな治療が必要不可欠となります。

当院では双眼ルーペ EyeMag(カールツァイス社) を使用しています。

 

ペーパータオル

手洗い後、タオルではなくペーパータオルを使い捨てることで感染が広がらないように 心掛けています。

 

医療用エプロン・使い捨て手袋

  

医院では患者さん1人1人に対して、エプロンと紙コップ、手袋はお1人お1人必ず使い捨てにします。

 

Home